店舗について

Q店舗の所在地・営業日等を教えてください。
A島根県にある古民家の一部を改装したギャラリーショップです。
少々道が分かりにくいので、迷われた場合はお気軽にお電話ください!


営業日:金・土
営業時間:10:00~16:00
住所:島根県出雲市多久谷町61番地
TEL:090-7802-4437
Q実店舗以外の取扱店はどこですか?
A【島根県】
玉造アートボックス はこぶね
島根県松江市玉湯町玉造1241 玉造アートボックス2F
営業時間:9:00~19:00
https://www.hakobune-artbox.com/

御朱印帳専門店 しるべ
〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南772(さきたま出雲店2F)TEL:0853-31-4355
営業時間:10:00 〜 16:00(時期によって営業時間が変わります)
※御朱印帳・御朱印帳ケースのみの取り扱い
http://www.goshuincho.jp/

【東京都】
うつわ&カフェ かくしち
〒203-0054 東京都東久留米市中央町2-1-34 TEL:042-476-8050
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜, 第1・3月曜
http://kaku7.com/


※各店舗にて、主に小物類を取扱っていただいております。

配送について

Q発送方法は?
A【宅急便(ヤマト運輸)】
手渡し・追跡あり。大きなバッグなどはこちらのみご選択いただけます。

【クリックポスト】
全国一律164円。郵便受けに投函されます。追跡あり。薄く小さなものは宅配便に加え、こちらもご選択いただけるようになっております。
Q注文から発送までどれくらいの日にちがかかりますか?
A説明文に特に記載がないものは1~3日で発送可能です。

ワークショップについて

Qお店でワークショップなどはしていますか?
A【カズトリトート】
ヒトギがデザインした1文字ずつ違うデザインの数字を、シルクスクリーンの版にしました。
ロープハンドルのしっかりしたトートバッグにお好きな数字を刷っていただくことができます。

価格:3,500円
時間:1時間程度
日 :営業日中随時受け付け中(なるべく事前にご連絡ください)


※手ぬぐいの染め体験などは行っておりません。


★その他色々企画中!★
Q出張ワークショップなどはしていますか?
Aレクリエーションや研修などの際にお招きいただいております。コミセンなどの施設や、ご自宅などでも可です。人数や日程など、お気軽にご相談ください。

2016/07/13 23:53


この春は本当に本当に本当に沢山のことがありすぎて、最早記憶も曖昧になりつつありますが、その中でもミツトリヒトギにとって大きなイベントのひとつだったのが、「TOYOTA LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」への提案。

TOYOTAのレクサスブランドを挙げて、日本の文化を守り未来のアーティストを育てようという趣旨の、錚々たる大御所が名を連ねる取り組み。
そんな壮大なプロジェクトのエントリーに、島根県代表5組のうちの1アーティストとして、ミツトリヒトギが選抜されたのです。

レクサスなんて何かの間違いじゃないの、と喜んだのも束の間。ヒトギの世界観は伝統工芸でもなければ文化伝承でもない。そもそも“提案”なんてしたことがない。
実質2週間あるかないかという短い時間の中で、「地域の特色を活かし、高い感性と品質により、毎日の生活に驚きや感動をもたらすプロダクト」とはなにかを必死で考えました。
ミツトリヒトギとは何者なのか、何処を目指しているのか…。毎晩のように2人で話し合い、創っては壊しを繰り返す日々。テーマを決めて意味を考えて作り上げていくという過程は、とてもとても濃密な時間でした。

結果。
昨日公式に発表され、残念ながらミツトリヒトギは“匠”として選ばれることは出来ませんでした。
選ばれた“匠”の皆さまは、LEXUSブランドに相応しく、目指す方向が明確で完成度の高い作品が勢揃いしていました。
ここに選ばれてこそ見える新しい世界があるはず。それはとても経験したかった。でも、この機会を頂いたことで、ミツトリヒトギが大切にしたいものも少しずつ見えてきた気がします。

ひとつは、自分たちが創りたいものを全身全霊で創ること。腹の底から納得のいくものを創るということは、“意味を考えて創る”こととは少し違うのかもしれません。もっと本能的に、自分で作った制約に捉われずに、自由な発想でものづくりをすること。ミツトリヒトギのものだと一目でわかるような力のある作品を生み出していくことに、真摯に向き合っていきたいと思います。

そして、もうひとつ。私たちの作品やデザインやアイテムを手に取ってくださった方が、元気になると言ってくれたり喜んでくれたりすること。それが、何よりも嬉しいことで、ミツトリヒトギの原動力になっています。

まだまだ行き先を悩みながら、毎日試行錯誤しながらではありますが、色々なことに挑戦しながら経験を積み、新しい作品作りに取り組んでいます(FacebookやInstagramでの更新では、緩やかな歩みに見えるかもしれませんが…)

ミツトリヒトギの新作を、どうぞお楽しみに。

http://lexus.jp/new-takumi/