店舗について

Q店舗の所在地・営業日等を教えてください。
A島根県にある古民家の一部を改装したギャラリーショップです。
少々道が分かりにくいので、迷われた場合はお気軽にお電話ください!


営業日:金・土
営業時間:10:00~16:00
住所:島根県出雲市多久谷町61番地
TEL:090-7802-4437
Q実店舗以外の取扱店はどこですか?
A【島根県】
玉造アートボックス はこぶね
島根県松江市玉湯町玉造1241 玉造アートボックス2F
営業時間:9:00~19:00
https://www.hakobune-artbox.com/

御朱印帳専門店 しるべ
〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南772(さきたま出雲店2F)TEL:0853-31-4355
営業時間:10:00 〜 16:00(時期によって営業時間が変わります)
※御朱印帳・御朱印帳ケースのみの取り扱い
http://www.goshuincho.jp/

【東京都】
うつわ&カフェ かくしち
〒203-0054 東京都東久留米市中央町2-1-34 TEL:042-476-8050
営業時間:11:00~18:00
定休日:日曜, 第1・3月曜
http://kaku7.com/


※各店舗にて、主に小物類を取扱っていただいております。

配送について

Q発送方法は?
A【宅急便(ヤマト運輸)】
手渡し・追跡あり。大きなバッグなどはこちらのみご選択いただけます。

【クリックポスト】
全国一律164円。郵便受けに投函されます。追跡あり。薄く小さなものは宅配便に加え、こちらもご選択いただけるようになっております。
Q注文から発送までどれくらいの日にちがかかりますか?
A説明文に特に記載がないものは1~3日で発送可能です。

ワークショップについて

Qお店でワークショップなどはしていますか?
A【カズトリトート】
ヒトギがデザインした1文字ずつ違うデザインの数字を、シルクスクリーンの版にしました。
ロープハンドルのしっかりしたトートバッグにお好きな数字を刷っていただくことができます。

価格:3,500円
時間:1時間程度
日 :営業日中随時受け付け中(なるべく事前にご連絡ください)


※手ぬぐいの染め体験などは行っておりません。


★その他色々企画中!★
Q出張ワークショップなどはしていますか?
Aレクリエーションや研修などの際にお招きいただいております。コミセンなどの施設や、ご自宅などでも可です。人数や日程など、お気軽にご相談ください。

2016/03/24 00:59


“くだものの蜜を吸い取り、ひそやかに育つ菌類の名前”
それが、ミツトリヒトギです。

誕生したのは2002年ごろ。冷蔵庫をテーマにした展示に向けて、田部井の頭のなかで生みだされた架空の菌類の名まえです。私は、その存在が頭の片隅からずっと離れず、2004年に彼女とユニットを組んで活動を始めるときに「ミツトリヒトギは、どう?」と聞いたのでした。

その名まえの意味のように、私たちの生み出すものが、誰かにとってなくてはならないものになれたらいいなあ、手に取ってくれたひとがふとした瞬間に嬉しくなるようなものを作れたらいいなあ、と願って。


いざ実際に活動を始めてみると、思った以上に「ミツトリヒトギって何ですか?」と聞かれることが多くて、ほんとうに困りました。正直、“名まえ” が分かりづらいというのは、なかなか厄介な問題なのです。覚えにくいし、間違えやすいから。しかも、聞かれても一言で答えられないし、時間を掛けて説明しても「ヒトギって菌類がいるんですねー」みたいな感じで、お互いもやもやした空気が漂ってしまう(私自身、初めて聞いたときには、なにが本当でなにが嘘なのかどこからが架空の生きものなのかもよく分からず、困惑したことを覚えています。そう、全部架空です。

そんなわけで、何度か名まえを変えようかという話もあがったのですが、それでも、私たちは「ミツトリヒトギ」という存在が好きで。変わらないまま、今に至ります。昔からのヒトギを知っているお客さんから、「ミツトリヒトギ、復活したんだね」と声を掛けてもらうと嬉しくなるしね!
こうやって、私たちの中でも長い年月をかけてミツトリヒトギが育っているのだろうと思います。

もし今度「ミツトリヒトギって何ですか?」と聞かれたら、やっぱり巧く説明できないかもしれませんが、そういうことなんだなと思っていただければ幸いです。


#写真は2002年の作品。
#ヒトギが生まれる少しまえに作られた鋳造のキノコです(作成:田部井、撮影:柳本)